So-net無料ブログ作成

セガプライズ 涼宮ハルヒの憂鬱 エクストラフィギュア LiveAlive [涼宮ハルヒの憂鬱]

タイトル.jpg

 今回ご紹介する一品は、プライズ品フィギュア「涼宮ハルヒの憂鬱  エクストラフィギュア LiveAlive」です。前回ご紹介したRCカーが、恐らくは市販品だったであろう物に対し、今回は純粋なプライズ品。ちょっと古い品ではありますが、先月映画の「涼宮ハルヒの消失」が公開された事と、最近のプライズフィギュアの出来の良さをご紹介したく、今回取り上げました。本当に「これゲーセンの景品?」と疑う様な出来なんですよ!。それでは「続きを読む」からどうぞ!。

01_パッケージ1.jpg

 まずはいつもの通りパッケージのご紹介から。このまま普通にお店に置いてあっても、プライズ品とは思わないですよね。

02_パッケージ2.jpg

 でも、箱横に開いているこの穴がプライズ品の証。UFOキャッチャーのアームを引っ掛けるための穴です。最近プライズ品フィギュアの出来が良いため、コレクション用に箱も穴を開けない場合が多いのですが、お店によってはこの様にしっかりと開けてあります。

03_パッケージ3.jpg

 このフィギュアをゲットした一番の理由。私にとってはヨダレが出そうな付属品が付いています。ギターとアンプをコードで繋げるなんて・・・。けいおん!のfigmaでもねんどろいどでもこんな事出来ません。

04_付属品.jpg 05_保護ビニール.jpg

 付属品一式(写真左)。台座、アンプとコード。フィギュア本体のバーニーの部分には、保護用のビニールが被せてある気配りの良さ(写真右)。

06_ハルヒ正面.jpg 07_ハルヒ右横.jpg

 このフィギュアは、涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「ライブアライブ」のライブシーンをフィギュア化したものです。私がこのフィギュアをゲットした一番の理由がギターである事は、私のブログを見て頂いている方(少数だとは思いますが) にはすぐ察しがついてしまうでしょうね。正しくその通り。これがなければ多分ゲットしていないでしょうね。

08_ハルヒ後.jpg 09_ハルヒ左横.jpg

 フィギュアの高さ自体は、約20cm。結構大きいんです。 本編では付いていない腕の赤いマフラーや黒のバンドが付いていたり、バーニーの衣装の色が違っていたりしていますが、そんな事は気にならない位の出来の良さ。詳しく見ていきましょう。

10_ハルヒ顔正面.jpg 11_ハルヒ顔右.jpg

 人形は顔が命。顔部分のアップを何枚か。塗装もキレイで、ハルヒのシンボルとも言える黄色いヘアバンドの造形も悪くないです。何より、生き生きとしたハルヒの表情がいいですよね。躍動感あるポーズと相まって、ハルヒの元気の良さが伝わってきます。

12_ハルヒ顔左.jpg 13_ハルヒ顔後.jpg

 前髪や後ろ髪の造形もすごく細かく、とてもプライズ品とは思えません。

14_ハルヒ上半身.jpg 15_ハルヒお尻.jpg

 本編で着ていたバーニーの衣装は茶色がかった色ですが、このフィギュアでは黒。胸はちょっとサービスし過ぎ。本編ではこんなに、その、は、は、は、はみ出していませんよ。 このフィギュアで唯一恥ずかしいところ。健全さをウリにしているこのブログでも、掲載ギリギリラインです。お尻のバーニーの尻尾もちゃんとありますよ。ちょっと、く、く、く、食い込んでいる所が生めかしい。これもこのブログではギリギリの線です。

16_ハルヒ左手.jpg 17_ハルヒ左手2.jpg

 ギターを持っている左手のアップ。指の一本一本がきちんと造形されています。細かい!。

18_ハルヒ右手.jpg 19_ハルヒ右手2.jpg

 続いて右手のアップ。ピックもしっかり造形されています。本当に細かい。指の曲がり具合もリアル。

20_ハルヒ足1.jpg 21_ハルヒ足2.jpg

 おみ足のアップ。ストッキングを履いている質感が良く出ていると思います。

22_ハイヒール.jpg 23_ハイヒール2.jpg

 ハイヒールのアップ。かかとの部分の造形も細かい。踏まれたら痛そうな感じですね。男性なら1度は電車の中で踏まれた経験があるのではないでしょうか?。痛いですよね。

24_ハルヒギター1.jpg

 私にとってはメインのギター。本編と同じギターです。何度もいいますが、プライズ品とは思えない造形の細かさ。

25_ハルヒギター2.jpg

 ボディ部分のアップ。すごいディテールです。お恥ずかしながら、このギター。多分実在するギターだと思うのですが、どうしてもどのメーカーの何と言うギターか分かりません。エピフォンみたいなデザインですが、エピフォンではないし、グレッチでもないし。どなたかご存知の方いらっしゃいますか?。気になって気になって。

26_ハルヒギター3.jpg 27_ハルヒギター4.jpg

 ペグの部分も細かく造形されています。特にネック裏側部分のこだわり様は溜息ものです。しつこいですが、これプライズ品なんですよ。

28_アンプ1.jpg

 そして付属品のアンプ。この細かさはねんどろいど付属品のアンプ以上です。さらに驚きなのが、

29_アンプ2.jpg

 アンプの裏側。裏側までこのこだわり様です。これホントにプライズ品?。うれしい悲鳴を上げそうです。

30_アンプ接続1.jpg

 ねんどろいど唯をご紹介した時は、アンプと一緒に写真を撮る気は起きなかったのですが、コードでギターとアンプを繋げられるんですから、今回は是非とも一緒に撮りたい!。

32_アンプ接続2.jpg

 やっぱりギターとアンプが繋がるだけで臨場感が違います。

33_アンプ接続3.jpg

 ライブって感じですね。

34_アンプ接続4.jpg

 後から見てもカッコいい。このアンプならではですね。

35_長門正面.jpg 36_長門左横.jpg

 続いて、同時にゲットした長門有希も簡単にご紹介。

37_長門後.jpg 38_長門右横.jpg

 占い師衣装の帽子とマントが印象的です。らき☆すたでも、こなたがこの格好をしていた事がありましたね。

39_長門顔前.jpg 40_長門顔右.jpg

 長門らしい無表情が顔がグッド。本編でも淡々とギター弾いてましたね。

41_長門顔左.jpg 42_帽子.jpg

 前髪の細かさも尋常じゃないです。そして帽子のシワの具合。ここまで凝るか。本当にしつこいですが、プライズ品です。

43_北高マーク.jpg 44_運動靴.jpg

 ハルヒ以外のメンバーは制服での演奏。制服の北高マークもバッチリ。上履きの造形も本当に細かい。

45_長門ギター1.jpg

 長門のギターのアップです。こちらも細かいディテール。

46_長門ギター2.jpg

 長門のギターは、ギブソンSG。本編では、チラッと見える限りではピックアップカバーがないのですが、こちらのギターはピックアップにカバーが付いています。 すなわち、本編のギターは廉価版のSGスペシャル。このフィギュアのギターはSGスタンダードと言う事になりますね。まぁどっちでもいいですけど。ちなみにSGスタンダードに白はなかった気がします。

47_長門ギター3.jpg 48_長門ギター4.jpg

 ギターのヘッド部分。ペグの部分もちゃんと色分けされています!。

49_長門左手.jpg 50_長門右手.jpg

 ハルヒ同様、指の造形も細かいです。こちらのピックの色は黒。

51_ストラップ.jpg

 重箱の隅を突っつく様ですが、ストラップのバックル部分と、ちょっと見えにくいですが、長さが余って垂れ下がっているストラップも再現されています。すごいなぁ。

54_ハルヒと演奏2.jpg

 ハルヒと一緒に。ライブアライブの再現ですね。

56_唯と演奏.jpg

 最後は、けいおん!のfigma平沢 唯と。ハルヒと同じ京都アニメーションのキャラ同士の共演です。こうやって見ると、figmaより結構大きい事が分かりますよね。

 まとめ。

 とにかく、プライズ品とは思えない出来の良さ、細かい部分のこだわりに驚かされます。最初にも書きましたが、ちょっと古い品で、しかも出てからしばらくしてからゲットしましたので、台の設定もかなりにゆるく、ハルヒ、長門、2体合わせて500円也でした。それでこれだけのものが手に入ってしまうのですから、運次第とは言え、プライズ品からは目が離せません。今月末には、久々にハルヒ物の「笹の葉ラプソディ」のフィギュアが出るので、楽しみにしています。

 次回の予定は今のところ全くの白紙。なににしようかな~。 いつもの事ながら、広い心でお待ち下さい。それではまた!。

 オマケ 「ライブアライブのトリビア」

 今回の記事を書くに当たり、「ライブアライブ」を何度か見直しましたが、本当に見直す度に新しい発見があります。ストーリー的には、学園祭の1日を描いている他愛もないお話なのですが、それを面白いと思わせてしまう仕掛けがいくつも隠されています。「なるほど!、だからこんな何の変哲もない話を面白いと思ってしまったのか!」というトリビアをオマケでご紹介。私が気づく位ですから、ほとんどの方が気づいていらっしゃるのでしょうけど、1度サラッと見てしまった方、次のポイントを参考にもう1度ご覧になってはいかがですか?。

・キョンたちが焼きそばを食べるために並んでいる横を、軽音部のメンバー二人が走り抜ける。

・キョンたちが学校玄関にいる時、ハルヒがステージに登場するきっかけとなったと思われる交渉事をしている。

・キョンがナンパを断っているシーンで、体育館に向かうハルヒと長門が画面を横切る。

ちなみに、同じく京都アニメーション制作の「けいおん!」でも、第1話の唯が学校まで走っていく途中で、何気に軽音部のメンバー全員とすれ違っているんですよね。

・キョンが体育館にいる時、ステージを正面から見ている絵は、完全にキョンの目線である。具体的には、

 キョンが座っている時はステージの床は見えないが、ハルヒが登場して驚いて立ち上がった時以降は、

 ステージの床が見えている。

そして何と言っても圧巻はライブシーン。

 ・演奏と映像が完全と言って良いくらい同期している。 これ、何気にスゴイ事ですよ。

 ・1曲目のイントロ、間奏の長門の速弾きと指の動きが気持ち悪いくらいに合っている。本当にスゴイ。

 ・ベースの弦が、引いている時にちゃんと揺れている。

 ・ドラムの叩かれる面がちゃんと汚れている。

等々、キリがありません。これだけ映像と音楽がシンクロしているアニメを他に知りません。この手の事が得意なディズニーでも、ここまでこだわった事はないのでは。京都アニメーションはディズニーを超えたと言っても言い過ぎではないと思います。但し、かなりの手間であった事は事実のハズで、2曲目は演奏が始まるとすぐに校内の映像になってしまいます。「けいおん!」でも演奏シーンになると、すぐにPV風のイメージ映像になったり、校内の情景になったりと、映像と音楽のシンクロがかなりの難物である事が想像出来ます。でもそれを違和感なく見せない京都アニメーションの手腕も見事ですが。

な~んて事を意識しながら、「ライブアライブ」や「けいおん!」を見直してみると面白いかも。

以上、オマケでした!。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 4

凪

表情といいポーズといい,ハルヒらしいハルヒですね。いいなぁ。ゲーセンとかでチャレンジすることがありますが,思うように取れた試しがありません^^;

アンプの裏側の仕上がりにも驚きましたが,ハルヒと長門さん合わせて500円とは!

by (2010-03-15 05:33) 

p-ani

正直に言いますね。未だ、未見です。ハルヒさんがとっても人気があるってのを知ってる程度。が、しかし、これまた良いデキですねぇ。リアルで動きを感じるスタイル、指の1本にいたるまでのこだわり表現、文句なしです。ギターもGOOD!この、グラデーションが出来るようになったらなぁ。いずれは筆塗りを卒業して、こういう表現を練習せねば。
しかし、いちさんのところと、コラボでフィギュア記事とは!これは・・・ロックオンされた気配w う~ん、フィギュアは勉強になりますねぇ。後は・・・勇気w
by p-ani (2010-03-15 17:05) 

かずっちゃ

な!スゲー!!
むっちゃスゲーっすよ!このハルヒ!!
付属品のギターとアンプの出来!、そんでその2つをつなぐコード!!
なんだろ、ここまで来るともはや芸術品ですね!!
しかし、このハルヒと長門(?)、2つで500円ですか!!スゲー!
これ、ワタシの拙いお宝鑑定眼で見ても、1体5千円は下らないでしょうね。
2体で1万円強。それを500円でGETとは、恐れ入谷の鬼子母神!!
今度RUSHさんにワタシの代わりにキャッチしてもらいたいですよ、ホント!!
by かずっちゃ (2010-03-16 19:06) 

RUSH大好き

凪さん
このフィギュア、本当にハルヒらしくて気に入っています。いつもこの位の投資で景品がゲットできればいいんですけどね。中々そうは行きませんよ!。

p-aniさん
いえいえ、決してロックオンなどしておりませんよ。ただ出来の良いフィギュアの紹介をしているだけです。ゴホゴホ。でもギターの塗装など、本当にキレイなんですよね。ハルヒを作品をご覧になれば気に入られるかも。でも結構ぶっ飛んだ展開になるので、やはり「けいおん!」がおススメです。

かずっちゃさん
このハルヒすごいでしょ?。コードまで付いてるなんて普通じゃないです。こんなのが500円で取れてしまう事もあるので、ゲーセン止められないんですよね。でもいつもこんな調子で取れる訳ではないですよ。

いちさん、noiseさん、チヨロギさん、niceありがとうございました。
by RUSH大好き (2010-03-16 20:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。