So-net無料ブログ作成

TAITO スーパーメカニクス 宇宙戦艦ヤマト [宇宙戦艦ヤマト]

02_波動砲.jpg

 何十年ぶりでしょうか、12月12日から映画「宇宙戦艦ヤマト 復活編」が公開されます。小学生時代、ヤマト命だった私は、見たくて見たくてしょうがなかったのですが、子どもも小さいし、半ばあきらめていました。昨日嫁の前で「見に行きたいんだよね~」とつぶやいてみたら、「行ってらっしゃい」とのありがたい一言!。言って見るものだ。速攻でコンビニに前売り券を買いに行き、「波動砲ドッグ」なるホットドッグもお買い上げ。今子供に帰った様に気分がウキウキしています。嫁の心遣いに感謝!!。と、言う訳で、今頭の中はヤマト一色。ハイテンション状態です。ブログの記事も予定を変更して、しばらくヤマトネタになりそうです。第1弾は、1年以上前にUFOキャッチャーでゲットした、TAITOの「スーパーメカニクス 宇宙戦艦ヤマト」のご紹介です。プライズ品とは思えないビッグスケールの本品、私の超お気に入りの一品でもあります。でっかい品物ですので写真もでっかく。それでは「続きを読む」からどうぞ~っ!!。

01_タイトル.jpg

 この「スーパーメカニクス 宇宙戦艦ヤマト」、プライズ品とは思えない大きな一品です。どの位大きいかというと、

24_寸法.jpg

 約40cm!。 約1/660のスケールらしいです。それでは船首からなめていって見ましょう。

04_船首.jpg

 船首部分。碇、艦首のミサイル発射口もちゃんとあります。船体継ぎ目の汚し塗装も味があっていいですね。

05_船首2.jpg

 段々後に移動。窓部分は蛍光色で塗られています。主砲の造形も細かい。

06_中央.jpg

 船体中央部。機銃、艦橋、煙突、アンテナ類もかなり細かく造形されています。

07_船尾.jpg

 船尾部分。 船尾噴射ノズルの先端部も汚し塗装がしてあり、雰囲気を醸し出しています。

14_船尾ノズル2.jpg

 船尾ノズル部分のアップ。ノズル内部のタービンらしき形状まで再現されています。

21_裏面前.jpg

 船体裏側の写真も。継ぎ目、汚し塗装もきちんと裏側までされていて、手抜きはありません。

20_裏面中央.jpg

 船体中央部。第3艦橋のハッチが開きそうなのがバレバレ。

19_裏面後.jpg

 船尾部分。一応それなりのモールドが刻まれてます。最小限かな?。でも普段は見えない所ですからね。

08_主砲1.jpg

 続いて主要な部分のアップを何枚か。船首主砲部分です。この主砲部分ですが、

09_主砲2.jpg

 ちゃんと砲台が回転し、砲等が上下に動きます。カッコイイポーズ(?)がばっちり決められます。

10_機関砲.jpg

 レーザー砲部分です。さすがにここは固定。ま、プライズ品ですから。ここまで造形されていれば十分ではないでしょうか。

03_艦橋.jpg

 艦長室、第1、第2艦橋部。ここも窓部分は蛍光色で塗装されています。分かりにくいですが、レーダー部分にも細かいモールドが刻まれています。

15_煙突.jpg

 煙突ミサイル発射部分。ちゃんと発射口が区切られていて、手抜き感なしです。ところどころゲート跡がみえますが、作品への愛情で見えないと言う事で。

11_主砲3.jpg

 船尾主砲部分。ここも当然砲台が回転、砲等が上下に動きます。

12_主砲4.jpg

 これ位動いてくれると、フィギュアでポーズをつけるのと同じ位、砲台/砲等の位置を決めるのに悩みますね。

13_第3艦橋.jpg

 そして忘れてはいけない第3艦橋。ガミラス星の酸性の海でポロリした時は本当にハラハラしました。中の人たちはどうなったんだろう。

14_第3艦橋2.jpg

 この第3艦橋、もうバレバレですが、ちゃんとハッチが開きます。ハッチ内部もちゃんとキャタピラみたいな造形がされていて、芸が細かい!。

15_羽.jpg

 そしてもちろん、ウィングも展開します。劇中同様、本体から引き出せるんですよ!。

16_羽2.jpg

 ウィング展開状態でもう1枚。この姿もかっこいいですよね。

 17_波動砲2.jpg

 そして最も気になる波動砲発射口。写真では全く分からず申し訳ないのですが、ちゃんと内部のスジスジが造形されています。

18_台座.jpg

 おまけに台座の写真を。ちゃんと「宇宙戦艦ヤマト」と書かれています。うれしいですね!。

22_全体前.jpg

 最後に全体写真を2枚程。斜め上から。

23_全体後.jpg

 斜め後から。「ヤマトは帰ってきた・・・」。いや~、自己満足で申し訳ないのですが、カッコイイな~。見とれちゃいます。

 まとめ。

 とにかく、ヤマト好きにはたまらない一品。大きさといい、可動部分の多さといい、造形の細かさといい、黙っていればプライズ品とは誰も思わないでしょうね。ていうか、これ普通に売っても、結構いい値段で売れると思うのですが。幸いにも、確か500円以下でゲットできたと記憶してます。ラッキーでした。大好きなこのヤマトですが、唯一残念なのが、波動砲の発射口が光らない事です。LEDぶち込んで改造しようか、と思っていた矢先、何と・・・、この先はまた別の記事にしたいと思います。プライズ品なので、もう入手できないのは残念ですね。

 今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。次回もヤマトネタかもしれません。それではまた次回に!。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 6

いち

自分もヤマト世代!いまはガンヲタだけどガンダム本放送時はガンダムよりヤマトの方が好きだったんですよ!個人的には「永遠に」が印象的、はじめて劇場でみたヤマトだったからかもしれませんが・・・主砲の白いラインがすきだったんですよね!映画たのしみですね!
by いち (2009-12-04 00:54) 

Morimo

素晴らしいできですね!アンドロメダとならべたいです。
by Morimo (2009-12-04 21:36) 

ぽむ

「ヤマト!イスカンダルへ向けて発進!」
なんつってo(*>▽<*)o
エネルギー充填のぴょんぴょん・・・が聞こえそう♪

ああ・・・ヤマトってカッコイイ。
中学の頃、ヤマトの同人誌?の会員だったんですw
映画どうしようかな!
by ぽむ (2009-12-05 12:59) 

monica

ようっついったからたどりついてきたゼ。
昨夜の鍋はうまかったゼ。
by monica (2009-12-05 14:20) 

よしを

約40cmって!
すごい大きいですね、そして
それを撮影するのもかなり大きな
撮影スペースが必要そうですね。
私の場合500円以下でゲットできても
妻に確実に怒られます(汗)

by よしを (2009-12-05 21:41) 

RUSH大好き

いちさん
私もガンダムより(はるかに)ヤマト体験の方が早かったので、新作と聞くとどうしてもアツくなってしまいます。「永遠に」も面白かったですよね。映画本当に楽しみです。

Morimoさん
このシリーズでは色々出ていますが、アンドロメダは出ていなかった様な・・・。出てたら速攻ゲットですね。

ぽむさん
同人誌・・・。そこまでお好きだったとは。「エネルギー充填のぴょんぴょん・・・」。そのご期待にお答えしましょう!。今しばらくお待ちを。

monicaさん
あんたにはなんてコメントすればいいのかね。久しぶりに会えて楽しかったし、わざわざブログ見に来てもらってうれしかったよ。あんたの嫌いなオタクネタが多くなるかもしれないけど、たまには来て毒舌残していってよ。よろしくね。あ、もつ鍋おいしかったね。

よしをさん
正直、撮影用の背景ぎりぎりでした。嫁にはとっくにあきらめられてます。よく言えば、理解ある嫁に感謝、と言ったところです。え~、これより大きいのを記事にする予定です。よろしければまたお越し下さい。
by RUSH大好き (2009-12-05 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。